育児

2017年2月13日 (月)

 
 
いつもありがとうございます。
そらヨガのまとばえりです。
 
 
 
 
先日、詩歩の新生児訪問がありました。
 
 
発育は順調。
5キロくらいになって、
すくすく太っています☺
 
 
 
1486978674871.jpg
 
 
 
 
 
訪問のとき、助産師さんに
「おっぱいはどのくらいで満タンになるんですか?」と聞きました。
(咲とダンデムで空っぽになってしまうことがあるので...笑)
 
意外だったのが、2時間くらいの波があって、
沢山作られるときと、少量の時があるそうなんです。
 
 
 
 

陣痛も波だしなぁ。
それから、波についてよく考えています。
 
 
 
そういえば咲は、
うんちやおしっこを よく
「すいこんじゃった」と言います笑
 
 
私からすると
「え!漏らす前に出して💦」
って思いますが、
おトイレに行ってくれません。
これも波なんでしょうね。
 
 
 
そこまで我慢してほしくないけど...😢
 
 
 
 
 
波。
体調や気分にもありますよね。
満潮と干潮みたいに。
 
 
 
生理のある女性は、
感じやすいと思います。
 
 
 
私は最近、出産してからの家事が
干潮ぎみで
手抜きばかりです。
 
 
 
だって、片手には詩歩。
寒いから部屋の外の事はあまりしたくない。
こんなだから、
見てないふり、気にしないふり...
うふふ。
 
 
 
以前だと、やらない(やれない?)
自分にイライラしてしまうことがあったな~。
と思い出しました。
 
 
 
「こんな私は、ダメな人間だ」
と、自分で自分を責めてしまうような。
 
 
できない事にいつの間にか
イライラしてしまったり。
 
 
 
 
でも、多分これもいい悪いではなく、
波なんだろうな。
 
 
 
窓を開けたくなるような季節が来て、
詩歩をおんぶするようになったら
 
 
今気にならない汚れが
すごく気になり出して
掃除ばかりはじめそう。
そんな予感がしています。
 
 
 
そういえば、つわりが終わったあとも
掃除大好きになりました😊
 
 
 
この頃は、日差しが春みたいですね♪
待ち遠しいな。
お外に出たいな。
 
 
 
季節も波のよう、
お天気も🌞
 
 
 
 
流れって、きっとそういう風にできているんですね。
 
 
 
そういえば、月や星の位置が
人の身体に影響しているって
何かで読んだことがありました。
 
 
 
 
頑張りたいのに頑張れない時も、
波のことを知っていれば
楽になれますね。
 
感じていきたいなぁ。
 
 
 
 
1486978143099.jpg
 
 
 

ぐりとぐらのおおそうじの
まねっこ。
満潮になったら、お掃除がんばるぞ✨

  
 
 
  
 
 
 
 
 


2017年2月11日 (土)

ベビーヨガデビュー♪♪

いつもありがとうございます☺
そらヨガのまとばえりです。


昨日、ベビーヨガデビューをしました♪♪


妊娠中にベビーヨガ、マッサージ、アロマの資格を取ったので、
練習も兼ねてやってみました。

1486782699921.jpg


復帰してから、産後のママ&ベビーヨガをはじめたいな、と思いまして😊


普段寝かしたままだと機嫌が悪くなる詩歩ですが、
はじめてのヨガはぐずることもなかったので
楽しんでくれていたと思います♪

それより、咲が嬉しかったみたいで大盛り上がりでしたよ~!


1486782701766.jpg

1486782702787.jpg

1486782703922.jpg

産後のママ&ベビーヨガは通常のレッスンを再開する4月からはじめたいですが、
幼稚園入園と重なったりするので
私の子供達の様子を見ながら、
7月までには開始する予定です。

マタニティーヨガもしたいな、
こちらは人数が集まりしだいかなぁ~。

2017年1月27日 (金)

ダンデム授乳

詩歩、顔が四角くなってきました笑


1485496274535.jpg

1485496279807.jpg

お腹がいっぱいになると、
「もういらないよっ」とおっぱいを出す詩歩ですが、
昨日の1ヶ月健診では体重が4200gでした。
1ヶ月で1200gも体重が増えていて、順調に成長してくれているみたいです😊

昨日、詩歩におっぱいをあげていたら
反対側からもポタポタと垂れてきました。


咲に、
「おっぱい出てきちゃった~😁」って見せたら


「咲も飲みたい~!」
鼻の下を伸ばして近づいてきました。
(デレデレしたいとき、鼻の下って本当に伸びるんですね笑)


「じゃあどうぞ。」
と、ダンデム授乳開始です。

フンハ!フガ!
フンハ!フガ!

二人の鼻息が鳴り響きます。

1485496288203.jpg

下の子が産まれたら、ダンデム授乳したいなぁ~と、ちょっと憧れていました。
絶対かわいいはずだと思って!

咲は自然卒乳をするつもりなので、
もうすぐ4歳になる今も大好きです。
妊娠中も出ないおっぱいに
ひっついていました。


だから、二人でフガフガ、チュッチュッ言ってる所を
ほのぼの見るのがとても楽しみでした😊

きっと幸せな気持ちになると思って!


でも...
実際は、
久しぶりに甘~い美味しい味のするおっぱいに
咲が夢中になってしまい、
飲むのが止まりません~!!

「もう終わりにしよう~。」
と言っても、
「詩歩ちゃんはおっぱいしか飲めないから取っておいてあげよう」
と言っても離してくれない時があって...

私も余裕がなくなり、
ちょっと困ってしまいます😓


その他の時は、すんごくお姉ちゃんぶってるのにね笑


2017年1月10日 (火)

浜文子さん

先日ご紹介した、浜文子さん。

感動した素敵な詩を、2つご紹介します。


『 抱きなさい 子を 』


抱きしめなさい
子を
育児書を閉じ
子育てセミナーを欠席し

抱きしめなさい
子を
誰にも遠慮せず
あなたの子を
しっかりと
抱きしめなさい

抱きしめなさい
子を

母の膝(ひざ)が
子どもの愁い(うれい)の
すべてを除く
その時代(とき)に

いつか母の膝は
子の悲しみに近づけない
日がやって来る
やがて母の手が
子の涙を拭(ふ)いてやれない
日が訪れる

きっと来る その日
子が涙を拭(ぬぐ)う手に
柔らかな記憶の手が重なるように
痛む子の心が
温かな思い出の膝に包まれるように

母よ
抱きしめなさい
子を
もう何もしてやれない日のために
抱きしめる手が
子の未来に届くよう
幾度も 幾度も
抱きしめなさい

母たちよ
やがて別れる者として
あなたの子を
しっかり胸に
抱きなさい

『 赤ちゃん 』


あわて者でもいい
泣き虫でもいい
手先が不器用でも
音痴でも かまわない

もちろん
人が振り向くほどの

美人である必要もない
とりたてて特技がなくても
高尚な趣味も
噂に上るほどの博識も不要

おまけに
学歴
職歴
賞罰
一切不問
そのままのあなたがいい
そのままのあなたが好き

赤ちゃんは そう言いたくて
あなたに両手を伸ばしてくる

*****************************

はじめて読んだとき、
そう!これ!こういう気持ち!と、
ぴったりな感覚と感動で、涙が出そうになりました。

日々に追われて、忘れていました。
でも、いつでもここに帰ってきたい。

これを心に留めて子育てしたいです。

2016年1月12日 (火)

どっちも愛

いつもありがとうございます(^^)
そらヨガのまとばえりです。

今日は、親になって
気づいたことを書いてみます。


娘の咲、2歳。
イヤイヤ期真っ只中です。
とは言っても、
私が普段「イヤ」を使わないせいか、
代わりに「あんまり あんまり」
のオンパレード。
あんまり期です笑




(マツコのCMで覚えた、あっかんべー)


でもイヤイヤ期と行動は変わりません。

咲は服を着るのが嫌いで、
着替えもあんまり。

なかなかスムーズにいかないので、
悩みの種でもあります…


お風呂から上がった後も
服を持って追いかける私から
逃げるようにして、
「あんまりあんまり〜」と言いながら
全裸でこたつへ入ってしまいます。

私は、あ〜、また始まったと
ため息を飲み込み、
何事も無かったように振舞って
食事の仕度に行きます。

どうせ言っても着ないからね〜(^_^;)
いくら説明しても、
理屈は通用しないのが
あんまり期の困ったところです笑

だから、放っておこう、と。


でも、以前は少し違いました。


逃げ回る咲を無理矢理捕まえて、
泣いて暴れる所を押さえながら
着せようとした事も。

それは、
私の母親がそうしていたのを
見た事があったからです。

無理矢理して、
良いのかと思っていました。

でも、結局着ないし
後味が悪くなってしまうだけ。


主人は、私から逃げる咲をかばって
裸のままこたつに招き入れ、
毛布でくるんで
「これで寒くないねー」と
抱きしめていました。

優しい…優しすぎる…

そして、しばらくして
咲が遊びに気をとられている隙に
サッと服を着せていました。

上手い!
でもなんかすごく悔しい!!!!
敗北感を感じました笑


そこで、ハッと気づいたんです。

どっちも良いんだ、と。


無理矢理着せても、
咲の身体の事を思って
愛情でしている行為。
私は 母親が
そうしていたのを見ていたので、
それが良い方法だと思い込んでいました。


主人の優しいやり方は、
最善の策かもしれません。
これも、愛情。


結局、どっちも愛なんです。



子供でいる時って、
やっぱり自分の思い通りに
物事が進まなくちゃイヤって思っています。

だから、親の都合とか、不器用さに
不満を持って反抗したりしていました。

でも、親も完璧な人間ではないから
間違えることもあるし、
きっとすごーく悩みながら私達を
育ててくれたんだと思います。

悩みながら、一番良いと思った
その時の最善策を駆使して
育ててくれたんだろうな、と感じました。

例え着たくない服を無理に
着せられたとしても、
それはその時の親にとっての
最善策だったんでしょうね。

ありがたいなぁ。


こう思えるようになってから
この頃やっと、
母に気を使い、
遠慮ができるようになってきました笑


困った時は、やっぱり今でもお母さんの
もとに戻って行きます。
とは言っても、離れているから電話で。

お母さんは今でも24時間体制で
電話を受けてくれるでしょう。

私に本気で困ったことがあるなら、
眠い目をこすりながら
私の気がすむまで
話を聞いてくれると思います。

いくら年を重ねても、親は親なんですね。

お母さんは不器用だけど、
かなわないなーと毎日思います。


きっと、私は何度も何度も
お母さんの睡眠時間を奪い、
それだけじゃなくて
食べたい物を奪い、自由時間を奪い、
お金や期待も
当たり前のように奪ってきました。

でも、お母さんは見返りも何もなく
「今、依里が何事もなく
平和に暮らしてくれることが
お母さんの幸せだから」
と言ってくれます。


愛情深いな…
そんな風に
心から言えるようになりたい。

咲に振り回されてばかりの私なんて、
小者です(>_<)


さて、明日は服着てくれるかな、咲。笑


咲のお母さんは未熟だけど、
いつもあなたが
幸せな人生を歩んでくれるように
願ってるよ(^^)






2015年7月11日 (土)

心の中の子

私達の心の中には、小さな子供がいると言われています。

インナーチャイルドと言われたり、
ホ・オポノポノではウニヒピリと言われたり。

今日はそのことを書いてみますね(^^)



私の尊敬する友人は、
悟りをひらいているという
インドの聖者さんにお会いしたときに、
「困難な感情は全て、5歳くらいまでに親との関係によって作られる」
ともいわれたそうです。


私もうだと感じていました。
「全て」というのは驚きでしたが、
強い感情の原因はほとんどは親との何かで、
逆にそれが解消すれば清々しい気持ちで生きられるような気がしています。


また、自分と心の中の子供の関係も
親子に例える事ができるという話も
色々なところで聞きます。
自分が心の中の子供にする事や言う事は、
自分の親が私達に言ってきたのと重なるということ。


例えば、親から
「あなたはダメな子ね、もっとかんばりなさい」と言われながら育った人は、
自分には何かが不足していて、完全にはなれない、
だからもっと頑張らないといけないと
自分の心の中で親から言われた言葉を無意識に繰り返し、
「私はダメな子、私はダメな子」というレッテルを
大人になってからも貼り続けたまま行動してしまう事があります。

その行動は不安から来ているので、
プレッシャーによる失敗などに繋がりやすくなります。


親から無視された事があったら、
自分の心の子も無視してしまうし、
感情的に怒られながら育ったら、
自分の事も好きにはなれません。
分かり合えないと感じながら育つとか、
やりたい事を自由にさせてもらえないとか、
私達の心の中には沢山の不満や怒りや寂しさが詰まっていて、
でもそう思うのは親の事が大好きだから。
片思いみたいですね笑


逆に、
「そのままのあなたを愛しているよ
いつも見守っているから、
自由に生きてごらん。
あなたの事を信じているから、
どんな事があっても大丈夫」

と愛されながら育つと、
自分の心の子にも優しくなれるので
事を大切にして、正直に伸び伸びと
生きていけるのではないかな、と思います。

実際に子育てしていると、
難しい時もありますけどね〜(>_<)



感情的にモヤモヤしている時は、
心の中の子が
「私に気づいて!
話を聞いてよー!」
と大声で叫んでいる時です。

なので、テレビや食べる事やパチンコや、飲み会に逃げてもダメなんですね。
この世の中には、大人が逃げるための道具が沢山のありますけど…。


感情という、内なる声が聞こえた時は
それに耳をすませて、聞いて、よく感じてあげる事が大切です。
ホ・オポノポノでは、感情に対して
「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」
と言うとクリーニングされるとも言われています。

4つの言葉は、
小さな時に親に言って欲しかった言葉でもありますよね、
それを、自分の子供に。


私も、よくやっていますよ(^^)
心の中が、ふっと静かになってセンターに戻る感じがします。



昨日はこんな事がありました。


咲が、床の上でタッパーに入れた
お米で遊んでいました。
私はヨガのレッスン前で、
夜ご飯を作っていたので、
できれば集中したいとき。

いつもは、「かまって、かまって」攻撃の中
かわすように準備をする事が多いので、
遊んでいてくれるのは 助かっていました。
ちょっとくらいお米をこぼしてしまうのは仕方ないな、と目をつぶりながら。

今の内に急いで作ろう!
としていた時に、
咲がお米を一掴みして、
流しに捨ててしまったんです。

きゃー!
それはやめて〜!!
もったいないよ〜!
という気持ちが飛び出て、
「咲!そればダメだよ!」と怒ったんです。

すると、すこしションボリした表情を浮かべた咲が、
「いたいよ」
って言うんです。

???
何も痛いことしてないのに、なんでかな?
と思って、
「どこが痛いの?」
と聞いてみたら、
咲は
「ここ」と胸を押さえて教えてくれました。


私の一言で、
咲の胸の中が痛くなったそうなんです…。
やってしまった…。
と思いました。
私からしたら、何気無いとっさの一言だったけど。
無意識に傷つけてしまいました。


ハッとして咲を抱きしめて、
何でダメなのかちゃんと説明し、
「痛いのを教えてくれてありがとう。
咲のことは大好きだよ
お母さんも言い方も良くなかったね、
ごめんね、許してね」
とハグをしました。


今回は、咲がちゃんと胸の痛みを教えてくれましたけど、
きっとこういう事が何回も何回も重なる内に、
心が閉じて、
「お母さんなんで私の事何も分かってくれない!」
となっていくんでしょうね。

完全に傷つけないように育てるのは
多分難しいし、
そういう神経質な気持ちも子供は読み取るので
ちょっと違うと思います。

でも、毎日ハグをしながら
愛しているよ、と伝えて
目を見て笑い合いながら
心をつなげる事はできます。


自分の心の中の子も大切にしながら、
あったかい気持ちで過ごしたいなぁと思いました。




今日もありがとうございます(^人^)

2014年8月31日 (日)

旅しよう、旅しよう

今朝6時20分

行こう!行こう!
旅しよう、お母さん!
石ころいっぱい拾って穴にいれて、
ワンワン見るんだよ!

リュックしょって、帽子かぶって、バックも持って!

行こう!行こう!行こ~!

undefined

私の心の中をそのまま表現してくれました♪

今日も素敵な1日を(^^)/

2014年8月26日 (火)

ひじき煮の中のちくわ

おはようございます(^^)
いつもありがとうございます。

かみさまとのやくそく、午前の部は満席となりました。
午後14時からは残り15席程です。

*************

子育てしていると、ハッとする気づきが毎日のようにあって、
子供が神様のように見えてきます。

今日はその中からひとつ。
咲は、野菜をあまり食べません。
多分、好きじゃないからですね。
でも、ひじき煮や切り干し大根は食べるのでよく作ります。

今回作ったひじき煮も、手や口の周りを真っ黒にして食べていました。
狙うは ちくわ。

ちくわが特にお気に入りなんです。

でも、私は野菜を食べてもらいたい。
だから、にんじん入りのひじき煮を作って、
偶然口に入るのを期待しています(笑)

大人から見たら、
「好き嫌いをして困った子だなぁ~」
になるけれど、
この感性はすごいと思うんです!

「ちくわがすき!野菜はいらない!」
すると、
ちくわなんだけど、野菜入りが出てきます。

多分、私達も好きなものや、やりたい事をはっきりさせれば
気に入る事が起きてくると思うんです。

神様(人生の大きな流れ)が、
私がしているのと同じように、
「じゃあ、これなら気に入るんじゃない?」と
好きなものも苦手なものも入った、ちょうどいいあんばいのものを
差し出してくれるのかな、と。

ぼんやり生きていると、
ぼんやりとしたことばかり起こるんじゃないかな。

意志をはっきりさせるって大切ですね。


もうひとつ。

ちくわに加え、外も大好きな咲。

暇が出来たら、
自分と私の帽子を持ってきて、
外に行こうー!(「こー!」)と強く誘ってきます。
子育て経験のある方は分かると思いますが、絶対に諦めません。
なかなか私が外に出ないと、
「こー!こー!」と泣き出します
かわいい(笑)

でも、このストレートな欲求も私が忘れていたもの。
欲求が出てきても、反対に迷いも生まれるのが大体の大人ですよね。

欲求がストレートであればあるほど、
願いも叶いやすくなるんだ、と知りました。


神様と一緒に生活しているようです(^^)
これからも、小さな気づきを大切にしていきたいなぁ。


全ての親子が幸せでありますように♪*

2014年2月22日 (土)

ヨガや瞑想を子育てに生かす

おはようございます(^_^)
咲との時間を大切にしたくて、中々ブログを更新できませんが、
読んで下さる方ありがとうございます。

今朝、ふと「ブログをお休みしがちな私の心構えが、もしかしたら誰かのお役にたつんではないかな?」と思い浮かびました。

咲が寝たすきに、そしてたまっている家事を横目に、かけるところまで書いてみます(^_^)

急いで書くので乱筆ですがご了承下さい!

私も育児は一年満たないので、これが正しいかは分かりません。
(正しいなんて、ないんでしょうけど。)
ただ、「未来は、現在の結果」です。
今を大切にしていけば、おのずと納得できる未来が来ると思いますので、
今は、これから書くことを信じて実行しています。
もしも、引きこもりになっても、ニートになっても、それが子供の人生で成長の過程なので受け入れるつもりです。
一番大切なのは「自分が気持ちいいか、内側に愛を感じられるか」だと思います。
そういう気持ちで接していれば、子供も私の表情や行為を見て、
愛を感じるんじゃないかなって(^_^)


1つ目は、
「子供の前では微笑んでいること、目を見て微笑みかけること」
これは、慈悲の気持ち(あなたが幸せでありますように)をもって接するということです。

2つ目は、
「テレビや音楽をあまりかけない」
静けさを大切にしています。
静けさの中から生まれる生活の音、光、声、匂い、感触。
鳥の鳴き声を一緒に聞いて、雪の白さを一緒に見る。
積極的に肌を触ることもしています。
静かな中の豊さを一緒に感じたいと思っています。

3つ目は、
「コントロールしようとしない」
子供は、私が何かをやってあげなくても、環境を整えるだけで勝手に育つと思います。
私がやっているお世話は、特別な事ではなく、お腹を満たして、寝かせるっていうシンプルなこと。
毎日それを繰り返すだけで、ハイハイやつかまり立ち、物をゆび指すこと、手を叩くと楽しいことなど、どんどん自然に身についています。
子供が育つペースや成長の力を信じて、それにお任せししていれば、
何かが必要なタイミング(字を覚えさせたり、色々な学習が始まるタイミングなど)も見極められるんじゃないかな、と思っています。

コントロールしないっていうのはもう一つ意味があって、
子供の感情をそのままにするということです。
泣いているときは、抱きしめて、胸の中で泣かせる。泣き止ませる為に物を持ってあやしたりとかはしません。
泣きたいなら、お母さんは受け止めるから思い切りなきなさい、といった感じです。
怒っているときも、笑いたいときも、全部が素敵な瞬間なので、丸ごと受け止めます。
あと、ついでに物を散らかすいたずらも受け止めます(^_^)
「楽しかったね~」って。
そして、その後の展開はもっと遊ばせちゃうか、ナイナイの練習をするか。


4つ目は、
「感情を言葉にする」
眠いんだね、嫌だったね、嬉しいね。
まだちょっと早いかもしれないけど、自分の中に感情があることを教えるために。
私の実体験として、自分の感情が何か分からず認識できないとモヤモヤしたり、いつの間にかイライラしていたりすることがあるので、
心の中に感情の波があるということを受け入れるには、その方法がいいのかな、と思っています。


5つ目は、
「身体を触る」
ヨガでも大切にしますよね、
「体を感じること」。
その入り口です。
私が触れば、自然と身体に意識が向くかな、と思って(^_^)


6つ目は、
「できる限り遊ぶ、相手にする」です。


あら!
咲が起きたので、この辺で!
遊んで~とグズってる!
毛布でイナイナイバーしてます(笑)

ではまた~♪
皆さんに幸せが沢山訪れますように。

undefined

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

Facebook