« 森ヨガの感想 | トップページ | 7月、8月外ヨガのお知らせ♪ »

2015年7月11日 (土)

心の中の子

私達の心の中には、小さな子供がいると言われています。

インナーチャイルドと言われたり、
ホ・オポノポノではウニヒピリと言われたり。

今日はそのことを書いてみますね(^^)



私の尊敬する友人は、
悟りをひらいているという
インドの聖者さんにお会いしたときに、
「困難な感情は全て、5歳くらいまでに親との関係によって作られる」
ともいわれたそうです。


私もうだと感じていました。
「全て」というのは驚きでしたが、
強い感情の原因はほとんどは親との何かで、
逆にそれが解消すれば清々しい気持ちで生きられるような気がしています。


また、自分と心の中の子供の関係も
親子に例える事ができるという話も
色々なところで聞きます。
自分が心の中の子供にする事や言う事は、
自分の親が私達に言ってきたのと重なるということ。


例えば、親から
「あなたはダメな子ね、もっとかんばりなさい」と言われながら育った人は、
自分には何かが不足していて、完全にはなれない、
だからもっと頑張らないといけないと
自分の心の中で親から言われた言葉を無意識に繰り返し、
「私はダメな子、私はダメな子」というレッテルを
大人になってからも貼り続けたまま行動してしまう事があります。

その行動は不安から来ているので、
プレッシャーによる失敗などに繋がりやすくなります。


親から無視された事があったら、
自分の心の子も無視してしまうし、
感情的に怒られながら育ったら、
自分の事も好きにはなれません。
分かり合えないと感じながら育つとか、
やりたい事を自由にさせてもらえないとか、
私達の心の中には沢山の不満や怒りや寂しさが詰まっていて、
でもそう思うのは親の事が大好きだから。
片思いみたいですね笑


逆に、
「そのままのあなたを愛しているよ
いつも見守っているから、
自由に生きてごらん。
あなたの事を信じているから、
どんな事があっても大丈夫」

と愛されながら育つと、
自分の心の子にも優しくなれるので
事を大切にして、正直に伸び伸びと
生きていけるのではないかな、と思います。

実際に子育てしていると、
難しい時もありますけどね〜(>_<)



感情的にモヤモヤしている時は、
心の中の子が
「私に気づいて!
話を聞いてよー!」
と大声で叫んでいる時です。

なので、テレビや食べる事やパチンコや、飲み会に逃げてもダメなんですね。
この世の中には、大人が逃げるための道具が沢山のありますけど…。


感情という、内なる声が聞こえた時は
それに耳をすませて、聞いて、よく感じてあげる事が大切です。
ホ・オポノポノでは、感情に対して
「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」
と言うとクリーニングされるとも言われています。

4つの言葉は、
小さな時に親に言って欲しかった言葉でもありますよね、
それを、自分の子供に。


私も、よくやっていますよ(^^)
心の中が、ふっと静かになってセンターに戻る感じがします。



昨日はこんな事がありました。


咲が、床の上でタッパーに入れた
お米で遊んでいました。
私はヨガのレッスン前で、
夜ご飯を作っていたので、
できれば集中したいとき。

いつもは、「かまって、かまって」攻撃の中
かわすように準備をする事が多いので、
遊んでいてくれるのは 助かっていました。
ちょっとくらいお米をこぼしてしまうのは仕方ないな、と目をつぶりながら。

今の内に急いで作ろう!
としていた時に、
咲がお米を一掴みして、
流しに捨ててしまったんです。

きゃー!
それはやめて〜!!
もったいないよ〜!
という気持ちが飛び出て、
「咲!そればダメだよ!」と怒ったんです。

すると、すこしションボリした表情を浮かべた咲が、
「いたいよ」
って言うんです。

???
何も痛いことしてないのに、なんでかな?
と思って、
「どこが痛いの?」
と聞いてみたら、
咲は
「ここ」と胸を押さえて教えてくれました。


私の一言で、
咲の胸の中が痛くなったそうなんです…。
やってしまった…。
と思いました。
私からしたら、何気無いとっさの一言だったけど。
無意識に傷つけてしまいました。


ハッとして咲を抱きしめて、
何でダメなのかちゃんと説明し、
「痛いのを教えてくれてありがとう。
咲のことは大好きだよ
お母さんも言い方も良くなかったね、
ごめんね、許してね」
とハグをしました。


今回は、咲がちゃんと胸の痛みを教えてくれましたけど、
きっとこういう事が何回も何回も重なる内に、
心が閉じて、
「お母さんなんで私の事何も分かってくれない!」
となっていくんでしょうね。

完全に傷つけないように育てるのは
多分難しいし、
そういう神経質な気持ちも子供は読み取るので
ちょっと違うと思います。

でも、毎日ハグをしながら
愛しているよ、と伝えて
目を見て笑い合いながら
心をつなげる事はできます。


自分の心の中の子も大切にしながら、
あったかい気持ちで過ごしたいなぁと思いました。




今日もありがとうございます(^人^)

« 森ヨガの感想 | トップページ | 7月、8月外ヨガのお知らせ♪ »

育児」カテゴリの記事

このごろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の中の子:

« 森ヨガの感想 | トップページ | 7月、8月外ヨガのお知らせ♪ »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ