« 8月のスケジュール | トップページ | 8月のお知らせの追加です »

2013年7月20日 (土)

出産の時のお話

さて。
やっとこの話題を書けるようになりました。
書いたほうがいいかな、とずっと気になっていたんです。

というのは、まだ妊娠中に大きなお腹でヨーガをしている私を見て、
ほとんどの方が「絶対安産だね~」と言ってくれていたからです^^
私もその言葉を信じて、
「そうですね、スポーンと産まれてきてくれるといいですねぇ」
なんてお話していました(笑)

ずっと 出産の話を書きたかったのだけれど、
まだ抱っこ抱っこの日々で、なかなか思うようにブログ更新もできず。
今も咲は腕の中で寝ています^^

ただ、一瞬ごとに変わっていく娘を見ていると、
片時も目を離したくないな、という思いが湧き出てきて、
普段は仕事をしながらお世話することが多いため
ゆっくりと向き合う時間も限られているのに、
私だけパソコンに向かっていることに
なんとなく違和感を感じてしまう、という心があるのも本心です。

それで最近はお知らせのブログ更新だけになってしまいました。


書いてスッキリできるかな~♪
あれ?でも起きてしまった(笑)
今日はせっかく旦那さんがくれたお休みの日。
遊べないけど、ちょっとの間、待っててね。


では、本題に入りたいと思います^^


3月3日のありがとう会を終えて、
産まれるまでゆっくり休みを楽しもうと思っていたのですが、
7日に産まれる前の おしるし(っぽいもの?)が来ました。
予定日は28日だったので、
「もう産まれてくるの!?」とちょっとびっくり。
急いで入院の準備などを済ませていたのですが
陣痛は来ず・・・ 
毎日今か今かと待ちながら、
その間に自宅の引越をしました。

引越しの前後には家中の拭き掃除や、
荷物の整理などで結構体を動かしていたと思いますが、
お腹が張ることはそんなになくて、
だるいなぁ、という日はあっても その程度。

引越しの手伝いと、産まれてくる初孫の顔を見に
長崎からお母さんが来てくれて、
一緒に散歩もしました。
お母さんとお散歩なんて、何年ぶりだろう。
幸せ気分で三本木の館山公園を登ったり、毎日よく歩きました。
それでも、陣痛はなかなか来ず・・・

産まれる前にお母さんが帰る日が来たらどうしようと思っていたら、
あっという間に予定日を超え、
4月3日の0時頃にやっと陣痛が来たんです。

「あ~、これか~」
と思いながら、波のようなリズムを感じて
その日はとりあえず寝れました。

朝を迎え、だんだん痛くなっている気はするけど
まだ痛い痛いと笑っていられます。

15時頃、痛い時間が長く続いたので一度助産院に行きました。
先生に見てもらったところ、
「まだ時間がかかりそう」ということだったので
一度帰宅。

痛くなり始めてからもう12時間以上経っているのに・・・
まだ産まれないのか・・・とちょっと待ち遠しくなりました(笑)

この辺りからあまり記憶がないのですが、
自宅に戻ってからが本当に痛かった気がします。
でも、合間合間で寝ることもできた覚えがあります。
というか、気絶・・・(?)

自宅で一晩唸りながら過ごし、
次の日(5日)の午前中、もう一度助産院に行ってやっと入院!
それだけで安心しました。

そして、しばらくしてから先生に「いきんでいいよ」
と言われた頃は、冷静だった気がします。
疲れも感じていなくて、
「やっと会える、ちゃんと迎えてあげたい」と思って
携帯の中に入れていたDeva Premalのマントラの曲をかけさせてもらいました。

大波の中に巻き込まれたような、そんな大きな痛みに合わせていると
やっと「スポーン」することができました。

陣痛は長かったけれど、いきんでからはあっという間でした^^
圧倒的な痛みの力強さに体を任せ、
その波のリズムの中に巻き込まれ、
自然のパワーとリズムを合わせる感覚が
今までにない体験でした。
ちょうど「息を合わせる」という言葉がありますが、そんな感じ。


17時22分。
元気な元気な女の子。
「ようこそ^^」

Dsc_0416_3


主人が仕事を終えて到着するのを待っていたかのように出てきてくれました^^

あとから先生にお話を聞いたところ、
陣痛のはじめの方は予行練習(前く陣痛)だったそうです。
本番並みの・・・(笑)


出産させてもらった ははこっこ助産院での生活は天国のようでした^^
加藤先生の心配りの行き届いたひと時の中で、
おっぱいのことや体のケアはもちろんのこと、
これからお母さんとして生きていく 心構えまで教えてもらえたような気がします。
退院する時には寂しくて泣きそうになるくらい、
本当に心地よい、素敵な時間を過ごさせてもらいました。

ご飯もとっても美味しかったです!
感激して、毎回写真を撮りました♪*
作ってくれたのは、ヨガにも来てくれているR子さんです。
絶品!御馳走様でした

130720blog1



入院中、和美ちゃんもお見舞いに来てくれましたよ^^


130720blog2


退院の時の写真です

130720blog3




家に帰って、次の日だったかな。
まだ名前も決まっていない赤ちゃんを抱きながら、お昼寝をしていたら
幸せな気持ちと寂しさが湧き出てきました。
「2つになっちゃった・・・
今まではずっと一つだったのに、離れちゃった・・・」
でも、気持ち(意識?)を広げていくと、
抱っこをする私の外側に包んでくれているような、大きな優しい広がりを感じました。

そうだ、物質としてはみんな離れているけれど、心では繋がっている。
みんなの優しい気持ちと大きな空間に包まれて、抱かれている感覚。

みんなひとつだったんだね。

「おめでとう」や、「がんばって」と言ってくれる人がたくさんいて、
みんなが優しい気持ちを持った神様なんだなぁと思いました。

家の外では、小学生の交通安全のために立っていた
おじさん達が引き上げていくのが見えました。
あの人たちも、神様だ。
みんなを守ろうとしている。
世界は優しいなぁ。

優しさでこの世界はできているんだなぁ。


ちっちゃかった娘も、3ヶ月で体重は倍になり、6キロを超えました。
スクスクと成長する姿を毎日見せてくれています。


Dsc_0786

あまり相手をしていなかったら、
少し怒っているようなので、今日はこの辺で^^
また時間を見つけて更新しますね。

応援してくれたみなさん、本当に本当にありがとうございました。
皆さんの包み込むような優しさ、届いていましたよ^^



またねー♪♪

Dsc_0789

« 8月のスケジュール | トップページ | 8月のお知らせの追加です »

このごろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出産の時のお話:

« 8月のスケジュール | トップページ | 8月のお知らせの追加です »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ