« ヨガ教室にある本、差し上げます^^ | トップページ | ヨーガで健康になりました! »

2013年2月 1日 (金)

ヨーガのアサナをきもちよく♪

1月30日で、ヨーガの指導をさせてもらってからちょうど5年になりました。

皆さんのおかげです^^
ありがとうございます♡


沢山の方たちとヨーガをしながら、気づいたこと。
それは、「頑張ろうとしすぎる」 方が意外と多いということです。
一生懸命なのは素敵なことですが、
言葉を変えると無理をしすぎてしまう、ということです。

「無理せず自分のペースでする」ことが分かってくると、
ヨーガがきもちよくなるので、どんどんやりたくなってくるんだと
皆さんを通じて知りました。


そして、力加減が分からない方も、無理なく気持ちよくやっていけるよう
声がけしていくのが、私のお仕事でもあります。

皆さん、ヨーガのポーズの時、しかめっ面になっていませんか?^^

ヨーガのアサナを気持ちよくするためには、
どのポーズを選ぶかにもよりますが
ほとんどは「余計な力を抜くこと」が重要になってくるかと思います。
だから、微笑むような笑顔でできるくらいがちょうどいいんです^^

難しいポーズの時、微笑むなんて無理!と思うかもしれませんが、
そういう時は、作り笑いをして(笑)
力の抜けそうなところを探してみてくださいね。
意外と肩とか、つま先とか、意余計な力が入っていると思います。

私のポーズを見て、「簡単にしているように見える」と
言ってくださる方がいるのですが、本当に簡単にしているんですよ。
(もちろん、できないポーズも沢山ありますけどね・笑)
意識的に力を入れるのは、骨盤底(お尻周辺)と、丹田(お臍の下)くらい。
あとはポイントポイントで、力を入れたり、抜いたりするところを見極めています。

まずは、「もっと力を抜くことはできないかな?」と探してみてくださいね^^

私たちは、日常生活でも「力を入れること」をよくしているので、
緊張は簡単に出来ると思います。
逆に、リラックスはどうでしょうか?

ヨーガを初めて体験された方に感想を伺うと、
「どうやって力を抜けばいいのか分からなかった」と教えてくれる方もいます。
そうなんですよね。
一生懸命だと力の抜き方も分からなくなってしまいます。

日常生活に当てはめると、
無意識に肩が緊張して肩こりになったり。
人によっては、眉間が緊張していたり。
そういう時は、もちろん体の内側の筋肉も緊張しているので、
コリや冷え、慢性的な疲れとして症状がでてきたりします。
私も、ヨーガを続けるうちに 自分がいつも緊張の中で生活していた、
ということに気づいたことがありました。

アサナは、力を抜く練習だと思ってみるといいかもしれませんね。
緊張と弛緩を感じていると、
自然と自分で力を抜くことが できるようになってくると思います。

あとは、ヨーガが終わったあとの自分の体を観察してみてもいいかもしれません。
「スッキリ、気持ちよかった~!」という爽快感と共に終われた時は、
適度にリラックスもできた時間です。
こういう場合は、次の日筋肉痛があっても大丈夫。
筋肉が元気になった証拠ですね。
反対に、「なんか、疲れた…」で終わった時は、無理をしてしまった時。
体に筋肉痛以外の痛みが残っていると感じた時もです。
そういう時は、次のヨーガの時にもう少しリラックスを心がけて、
体の「もう無理!」のサインに早めに気づいてあげてください^^

そして、微笑みながら、です^^


今月も皆さんの笑顔に感謝しています♪



« ヨガ教室にある本、差し上げます^^ | トップページ | ヨーガで健康になりました! »

このごろ」カテゴリの記事

コメント

素敵な記事で…嬉しくなりました。そして、またヨーガをしたくなりました。


今日、一人だったので最初は少し緊張していたのですが、あっという間にそんなこと忘れてしまいました。

今日も、体と心と向き合えてとても気持ちが安らぎました。そして、先生とゆっくりお話ができて、心地好かったわ〜。


まだ、この時間も体があったかいです。

亜紀さん
コメント、いつもありがとうございます^^
一緒にヨーガができるのもあと少しですね。
あったかい時間を楽しみにしています♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーガのアサナをきもちよく♪:

« ヨガ教室にある本、差し上げます^^ | トップページ | ヨーガで健康になりました! »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ