« *やくらいイベントのお知らせ* | トップページ | イリナ チャリティーコンサートのお知らせ »

2012年5月13日 (日)

箱の中身は?

日曜日。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

以前書いた『赤ちゃんの時の記憶』に思った以上の反響があったので、
またそんな内容で、綴ってみたいと思います。

興味のある方は読んでください^^


************


正直に話しますと、
私は、人と会った後に疲れることがよくあります。
スカッと「楽しかったー!」で終わることもあるけれど、
疲れてしまう事もしばしば。

本当は、楽しい時間だったね、またね、ってお別れしたくても、
何か、心の中がムズムズすることがあります。

それは、小さな遠慮を繰り返している事が多いんだな、
と最近気づきました。

人と付き合っていく中で、遠慮が必要な時もあるけれど、
必要以上だと相手にまで遠慮させてしまう。
それはそれで、不自然ですよね。


気になってしばらくしたある日。
瞑想の中で、また赤ちゃんだった頃を思い出しました。

最初は、母と義理のお父さんが出て来て、
私は小学生ながらも二人と仲良くしたいな、でもどうしたら良いのか分からないな、
と遠慮を抱えながら葛藤していた事を思い出し、

葛藤を追いかけると
お母さんにおっぱいをもらっている場面になりました。

その時のお母さんは、すごく疲れていました。
私は赤ちゃんながらに、
「お母さん、疲れているのにごめんね、おなかがすいてごめんね、」
と思っていました。

仕方のないことなのだけれど、私はおっぱいを飲まないと生きていけません。

大変な思いをして、膨大なエネルギーの塊(自分の体がそんなイメージでした)を産んでくれたのに、まだ迷惑かけてる・・・
本当に申し訳ない思いを持っていたなぁ、と思い出しました。

その時同時に、生きていく道筋が大体できているような、既に一つの人格が出来上がっていたような、上手く表現できませんが、そんな感覚もありました。

そして、私は今までその人格を保ったまま生きてきた感覚があります。

その時から「依里」の人生を歩く予定ができていました。


赤ちゃんて純粋で、何も知らないように見えても、実は色々なことを感じていて、
大人よりも本当の事を分かっているのかもしれませんね^^

でも、ハグしてあげれば心から愛している事も簡単に伝わります。


この前紹介した『ザ・シフト』の中の、
『赤ちゃんはお腹の中で成長する10ヶ月の間、何も逆らわず、あるがままを生きていく。
産まれてからも その様にただあるがままを生きればいいんだ。』
という言葉を思い出しました。


私は、赤ちゃんの頃に作った「申し訳ないな」という遠慮の気持ちを持ったまま、今まで歩んできました。
気づかれないように、必死に隠しながら(笑)

それもあって、あるがままに生きられず、人と会うと疲れるんだなぁ、と納得しました。



もうひとつの発見は、
「生きていくには遠慮しないといけないから、私は願いを望んだらいけない。」と、
心の隅で思っていたことです。

おかしな話かも知れないんですけど、
自分の物を買う時に、罪悪感があります。
本当に好きな事を選べません。
好きな物は使うのがもったいないと思うし、
好きな食べ物は 主人に分けてしまう。
贅沢は敵!みたいな(笑)


でもそれだと、自分の本当の願いとか、自分が何をしたいのか、とか分からなくなってしまうんですよね。

好きな事を仕事にしながらも、本当に自分がしたい事が何なのか見えていないって言うのは矛盾しているようですが、
私がこうしてヨガをお仕事にさせてもらっているのは、そう計画してきたからだと思うんです。

その中で、この魂は何をしたいのか?
ということが実感として掴めていないな、と思います。

今回は、遠慮という葛藤が見つかったけれど、多分こういう葛藤は心の中にまだあって、
一つずつ箱を開けるように見つめていくんだと思います。

そして、箱が片付いていくごとに あるがままを生きられるようになって、
そこで初めて魂の表現したい事が見つかっていくのかな、と感じました。
(全部開けてスッキリしたら、悟りです)


今日は母の日ですね。
人のエネルギーって、膨大で本当にすごいと思います。
それを10カ月もお腹に宿して、産んでくれて、自立するまで育ててくれた
お母さんには、何をしてもお返しできません^^
でも、私らしく幸せに生きていく事が、一番のお返しかな、とも思います。


瞑想の最後に、レディーガガの曲が突然流れてきましたよ!
魂からのメッセージでしょうか^^
生きよう!と力強く思わせてくれるこの歌詞が、大好きです。


長い文章を、読んでくれてありがとうございました。
いつも、感謝しています。

お母さん、ありがとう。
正直に、素直に、満足して今を生きていくよ。


******************

ブログを書いてから、お母さんに電話をしました。

赤ちゃんの頃、育てるの大変だった?と聞いてみたら、
「悩んで見えたのは、家の事が大変だったからだね、
赤ちゃんは可愛いから、育てるのは楽しかったよ」
と言ってくれました^^

私が悪い、と思っていたのでよかった。
心の中のモヤが、スッキリしました。


******************


“ボーン・ディス・ウェイ”

あなたが彼を愛していても関係ない それが大文字のH-I-M(神)でも
さあ 両手を高くあげて
だって それがあなたなんだから、ベイビー

子供の頃 ママはこう言った
「私たちは生まれたときからみんなスパースターよ」
私の髪をカールさせて 口紅をぬってくれた
ベッドルームの鏡の前で
「そのままの自分を愛するのはいいことよ」って言った
「だって神様はあなたを完璧に創ってくれたのよ」
「だからちゃんと前を向いて 前に進むの
 私の話を良く聞いて」

私には私なりの美しさがある
だって神様は間違わないから
私は正しい道を歩んでいるわ、ベイビー
私はこうなる運命のもとに生まれてきたの
後悔して自分の殻に閉じこもってないで
ただ自分を愛してあげて それがスタート地点
私は正しい道を歩んでいるわ、ベイビー
私はこうなる運命のもとに生まれてきたの

他の道なんてないのよ
私はこうなる運命のもとに生まれてきたの
私はこうなる運命のもとに生まれてきたの
私は正しい道を歩んでいるわ、ベイビー
私はこうなる運命のもとに生まれてきたの

ドラッグじゃなくて、クイーンになるの
ドラッグじゃなくて、クイーンに
ドラッグじゃなくて!

分別を持って 
仲間を愛するの
「真実を祝う地下鉄の子どもたち」

こわれそうな宗教の中では
私は自分自身でいなくちゃ 若さを大事にして
違った人を愛しても 罪じゃないわ
大文字のH-I-M(神)を信じて (ヘイヘイヘイ)
私は自分の人生が好き このレコードが好き
Mi amore vole fe yah (愛には確信が必要)

ドラッグじゃなくて クイーンになって
一文無しでも成功者でも
ブラックでもホワイトでも ベージュでも
チョーラ(混血)の家系でも
レバノン人でも東洋人でも
障害のせいで仲間はずれにされても
いじめられても からかわれても
自分自身を受け入れて 愛してあげよう
だって それがあなたなんだから、ベイビー

たとえゲイでも ストレートでも バイでも
レズビアンでも トランスでも 間違ってなんかいないのよ
私は正しい道を歩んでいるわ、ベイビー
生き抜くために生まれてきたの
ブラックでもホワイトでもベージュでも
チョーラでも東洋人でも
私は正しい道を歩んでいるわ、ベイビー
勇敢に生きるために生まれてきたの

私はこうなる運命のもとに生まれてきたの、ヘイ!
私はこうなる運命のもとに生まれてきたの、ヘイ!
私は正しい道を歩んでいるわ、ベイビー
私はこうなる運命のもとに生まれてきたの

« *やくらいイベントのお知らせ* | トップページ | イリナ チャリティーコンサートのお知らせ »

このごろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱の中身は?:

« *やくらいイベントのお知らせ* | トップページ | イリナ チャリティーコンサートのお知らせ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ