« 太陽礼拝 | トップページ | 9月のスケジュール »

2011年8月30日 (火)

からだ

昨日、世界陸上で室伏選手が金メダルでしたね^^

他の競技も色々見ていたら、

スポーツ選手の体は、細胞の細部まで作りこまれていてとてもきれいだなぁ、とほれぼれしました。

競技ごとに体形の違いがあって、それを見ているだけでも面白かったです。

試合中の、その瞬間の為に作りこまれた体は芸術品のように感じられました。

そしたらふと、今日読んだヴィパッサナー瞑想の本に書いてあったことがつながったのでご紹介します。

* * * * * * * *

体はカラーパという原子より小さな微粒子からできている。

カラーパは一瞬一瞬とてつもないスピードで生まれては消える。

その変化の中で無限の組み合わせが生じ、

物質の基本要素たる、質量、粘性、温度、運動を現象化する。

それが、体の中でありとあらゆる感覚を引き起こすのである。

カラーパが生じる原因は4つ考えられる。

第一は、私たちが口にする食物、

第二は、私たちが暮らす環境である。

しかし、心の中で起こることはすべて体にも影響するのだから、心も原因の一つとなる。

という事は、反応(好き・嫌いなど)もまたカラーパを生じる原因の一つになる。

つまり、この微粒子は現在の心の反応(好き・嫌いと思う事)によって生じ、

同時に現在の心の状態を左右する過去の反応によって生じるのである。

* * * * * * * *

スポーツ選手は体をつくるため、

食べものに気を使い、特定の競技と言う環境のなかで、

心をコントロールし、

試合中、どんなことが起ころうと反応しない、という精神力を鍛えて

あのような存在感を持つようになったんでしょうね。

きっと修行の道に入ったらすごいんだろうなぁ、と思う事がよくあります。

私たちのこの体も、この4つの要素からなりたっているんですね。

最近のレッスンで、

「思いと体の痛みは繋がっています」

という話をよくしています。

肩こりの方は、人の分背負い込んでがんばってしまう、とか。

体の痛みは、心がストレスを受け、そののちに

「ちょっと耐えられなくなってきたよ…」

と教えてくれているサイン。

痛みばかり悪いと思ってしまいがちだけど、

少し自分を見直して、自分が本当に幸せになれるよう選んでいけば、

心の解放と共に痛みも薄れてきます。

(これは、私も経験したので本当ですよ^^)

私たちは自分に対して厳しくなりがちで、

その分心の中で人にも厳しくなってしまうことがあります。

分かっていても、ついつい、なんてことも。

でも、自分に優しくなれば人にも優しくなれるはず。

自分が幸せになるように、

何がストレスになっているのか、人の態度ではなく、

自分の心の中を感じてみてくださいね。

その人を責めてしまったり、

自分を責めてしまう原因は自分の心の中にあります。

生きとし生けるものすべてが幸せでありますように。

あなたが今日も幸せでありますように。

« 太陽礼拝 | トップページ | 9月のスケジュール »

このごろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: からだ:

« 太陽礼拝 | トップページ | 9月のスケジュール »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ